2012/06/28

Seb Lee-delisleを招聘した理由

今回、SwapSkillsではSeb Lee Deslisle氏を招聘することにしました。このきっかけは2年前にも遡ります。私が主催する2010年のWDEの本家Web Directions SouthにてHTML5とCSS3とJSのみを利用したオープニングテーマが公開されました。

当時、FlashではなくHTML5とCSS3とJSのみで構築された、そのアニメーションは非常に話題になりました。

Web DirectionsグループのJohn Allsoppと個人的にこのオープニングテーマについて話をした時の言葉が印象的でした。


2010年の会話

自分「このデモすごいね。やっぱりFlashはこの先厳しいのかな?」
John Allsopp「おそらく厳しいだろう。それはアップルの戦略も影響している」
自分「Flasherの人達は大変だね」
John Allsopp「確かに大変だと思うけど、彼らこそが未来だ。彼らの培ったアニメーションの感覚やインタラクションの技術というのは重要になる。今回のデモをつくったCameronもFlasherだ。だから、あのデモがつくれたのだと思う。彼らは貴重だ。」

2年間の間、頭から離れなかった

いつも、それから2年もの間ですが、John の言った言葉が頭から離れませんでした。そこで今年、そろそろ日本でも似たようなことをしたいと思ったので招聘しました。残念ながら、この2年間で日本でCameronクラスのデモ作成した方はいません。(いたら教えて)

日本では、分業制が当たり前になっておりHTML5,CSS3,JavaScriptを満遍なく出来る技術者が育っていないのが理由かと思います。HTML,CSSはできるけど・・・。

今回の内容は自分には関係ない?

今回、SwapSkillsのセッション内容をみて、「僕には関係ない」と思った方は自分の先を案じた方がいいかもしれません。HTML5,CSS3だけでは、これからは多分厳しいかもしれません。これからはHTML5,CSS3,JavaScriptをできてウェブデザイナー、ウェブ開発者といえる時代がきます。デザインできるだけでは、ただのグラフィカルデザイナーにしかすぎません。今年参加した海外カンファレンスの「An Event Apart」は、ただ装飾をするだけのデザイナーを「デコレーター」と呼んでいました。すこし、きつい言葉です。

是非、SwapSkillsに参加して目指すべき先をみつけてください。Seb Lee Delisle は私達フロントエンジニアの目指すべき1つの方向だと考えています。