2011/04/01

アスキーに記事を寄稿しました。で感じたこと。

Ascii ウェブプロフェッショナルで記事を書きました。HTML5のCanvas, audio などについてです。HTML5はすこしづつですが一般のウェブサイトなどでも利用されるようになってきました。IT技術が浸透するには、必ず「Chasm」(キャズム:溝)があると言われています。これば、新しい技術を「アーリーアダプター」と呼ばれる人が利用してから、一般の大多数に浸透するまでの間のことを指します。今回、この記事を寄稿したところ、HTML5が少しづつですが浸透してきており、キャズムを今年中には乗り越えるのではないかと考えています。





CSS3についてのスライド「CSS Reloaded」を2008年6月にアップルストア銀座で公開したときには、様々な方から「すばらしい」「わくわくする」などのコメントをもらいました。一方で有名な講師の方や、CSS3関連書籍を執筆されている方を含めて「つかえない」「はやすぎる」などの厳しい声もいただきました。


ですが2011年、今やCSS3は当たり前であり、誰でも使えて当たり前になってきています。改めて早く勉強しすぎたということはないと考えています。CSS3にかぎらずHTML5も同様だと考えています。



Bookmark and Share